歯科医おすすめ歯ブラシ

それなりに気を付けていたものの歯周病が進行していると知り愕然…。とにかく毎食後の歯磨きと、時折やっていたフロスの頻度を上げる必要があるようです。歯周病が進行すると歯が抜けるとかよりも病気にかかりやすくなるという面もあり、50歳以降は特に速度が速いため早急な対応をしなくてはいけません。

何かと体のメンテナンスに気力と時間を奪われがちで少々うんざりしているところでもあります…。

そんな中、歯科助手さんがオススメしてくれた歯ブラシ。

通常の歯ブラシよりも毛の量が多くて柔らかいのが特徴。どういうメリットがあるかというと力を入れなくても歯垢をたくさん絡めることができ、柔らかいので歯茎を傷つけにくいんです。あと丈夫です。

だけど、一本で千円ちょっとします!高い!

歯科助手さんもそこを気にしてましたが、合うかどうか試してみて!というので購入。

自分の歯垢はなかなか強固らしくワンストロークで取れるなんて夢のようなことは起きませんが、それでもしつこくゴシゴシやっても歯茎が痛くないのはありがたい!この歯ブラシのつもりでうっかりいつもの歯ブラシを使ってしまうと歯茎が血まみれになります^^;


© 2021 ゆるく試行錯誤 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free