庭の手入れ・続①

前回グリホを撒いて終了した庭のお世話。昨年は雑草(特にカラムシ)の結果が出るのに結構かかった記憶があるのに、今回はグリホで2週間も経たずに枯れ始めた。草も暑さで弱っていたんだろうか。

問題はまだ残ってる。おそらくナツミカンの木と思われる中木がどんどん枝をのばし隣家の敷地にはみ出し始めてしまった。

ミカンの木の切り方などを検索して、どこを切ればいいか何となくはわかった。

わかったんだけど、実行はまだできてない。

と、いうのも体調が優れないのもあるけど、何よりもミカンの木はトゲが多い。このトゲが剣山の針よりも太くてでかい。

されど金属ではなく植物だからと侮っていると、切って地面に落ちた枝を踏んで靴底を貫通して刺さってくる。意表を突かれるし結構痛い。

木の下に入り込んで切らなきゃならなそうな部分もある。肩とか腕とか絶対どこか刺さる。

業者を呼んだ方がいいのかな…。しかしこれだけの為に呼ぶのもちょっと…。

などと尻込みしている。もだもだ。

こういうのが必要になってきたかも…

© 2022 ゆるく試行錯誤 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free